集める者と使う者の価値観の相違について

現代における切手の需要は二つの需要の違いが存在します。鑑賞用や保存用といったコレクター要素を含む一面と生活において使用する要素の二つがあります。この2方向の要素の違いにおいて生活において使用する事でこそ使用面における切手は真価を発揮し、コレクター側にとっては切手を集める事に時代的な時間の感覚があればある程にその人物にとって価値が高い存在で高価です。コレクター側にとって切手は過去において大きな流行によって影響を及ぼしました。1956年にコレクターのブームが一般的に広く渡り、多くの一般的な人物がコレクターになり、その背景において切手の価値が下がったともされています。相場は大きくその年に流行になった物を表現しており、プレミア価値がつけば大きく価値が上がり高価になります。その点において他の収集価値がある宝の相場に通じるものがあります。二つの需要にとっての違いと相場においてその価値観の違いこそが高価な切手収集家の楽しみであります。